『屋上緑化』とはなにか

建物の屋上や屋根に緑を植える(=緑化する)ことを『屋上緑化』と呼びます。デパートなどの商業ビル、病院といった施設にみられることが多いですが、個人宅で採用される場合もあるようです。

屋上緑化はなぜ進められている?

屋上緑化は、ヒートアイランド現象の緩和・防止策として推進されています。これは都市部の気温が周辺地域より高くなってしまう現象で、コンクリートやアスファルトは森林に比べ熱が蓄積されやすい点、電力消費が大きい点、ビルが密集しており風通しが悪い点などがその原因として挙げられています。植物には、蒸散により周囲の気温を下げる効果や太陽光を遮る効果、その影響で空調の電力消費を抑える効果などが期待できるとされ、都市部における緑地面積の増加方法が考えられてきました。その方法の一つが屋上緑化なのです。

屋上緑化を採用するメリット

屋上緑化には、環境問題への効果が期待できる点のほかにも様々なメリットがあります。例えば、建物の耐久性を高める効果です。紫外線や雨、寒暖差などによるダメージで建物は劣化が進んでしまいますが、建物を植物で覆うことによってこれを和らげられます。また、植物が与える視覚的な効果も大きいです。憩いの空間の演出、ストレス緩和などの策として植物が使われる例は珍しくなく、これらの効果を期待して屋上緑化を採用する病院もあります。

屋上緑化で考えられるデメリット

メリットがある一方で、屋上緑化には考えなければいけないデメリットもあります。一つが建物への負担です。植物を植えるわけですから、一定の重量と水量によるダメージは免れません。設計などで対策を講じる必要があります。また、設置にも維持にもコストがかかるため、経済面の負担もあります。きちんとした計画の上で進めることが大切です。

屋上緑化は、年々深刻化しているヒートアイランド現象の抑制に繋がるほか、自然災害からの備えや建物の劣化防止などの観点からも注目が集まっています。